6月のルーン オセル

古代北欧の古代ゲルマンの人びとは 独特の壮大な神々の世界を信じていました。

その神々の交信する道具として「ルーン文字」と呼ばれるアルファベットを開発しました。

「ルーン文字」は 25個あり 1つ1つに 意味があります。

今月のルーンは

「オセル」

意味は 故郷 土地 祖先 家族

意味の中に 古い習慣 

今まで大事にしてきたもの等も含まれています。

新しいことが ものが良いとかではなく

 今までのこと 古いものを 見直すことも必要です。


でも 思いきったリニューアルも必要なこともあります。





0コメント

  • 1000 / 1000