2015.7.18 宇宙のお話

2003年 たま出版より「数霊」を出版されてから

独自の世界観から見た神の世界をずっと表現してこられました。

少し前から スピリチュアルとサイエンスをつなげたコアな世界へと転換しつつ

ご自身の興味あるものを探求しながら 人の生きる道を伝えておられます。


たくさんお話しいただけました。

宇宙の真実

分子 電子 素粒子の真実が

突き詰めていくと 

心理や魂の存在を解いていくプロセスにあること

宇宙のことを詳しく詳しく

丁寧に 

誰でもわかるような内容でした。

天文単位の1AU=1億5千万キロ。

この わかりにくい数字を

お金に換算するとみんな覚えやすいと

これまた 深田式発想です。

1億5千万円

なるほどなぁと思うのです。

学ぶ時に

どうしたらおもしろおかしく捉えることができて

とうしたら 直感的に浸透し

どうしたら 覚えやすくなるか

深田先生はそんなことを発想する

柔らかい脳をお持ちだなぁといつも感心します。

真面目に

スピリチュアルする。

精神世界という枠組みを

もっと ちゃんとしたもので定義したい。

太陽の光は 今の光ではなく

どこまでいっても 何万光年前に爆発した光を見ているんだと

強く熱く語っておられました。


地球と月の縮尺大



素粒子 原子核 現代物理学は今やスピリチュアルな世界です。

未だ未発見の重力子のグラビトンは 

異次元と3次元を行ったり来たりしている仮説上の素粒子。

深田先生に 誰よりもわかりやすくスピリチュアルサイエンスを説いていただきました。



0コメント

  • 1000 / 1000