2016.12.11 整体師 深田剛史さん

2016年 最後のかじまやたいむ

名古屋の整体師 深田剛史さんの 

体の話です。

興味深くはじまりました。



頭の緊張

脳の緊張

目の疲れ

ストレス

食べ過ぎ飲み過ぎ

腕の疲れ

汗が出ない

冷え

偏り疲労

こういうことが 病気の原因になりやすい。という話。


また 蝶形骨が硬くなるとホルモンバランスが悪くなって 不妊になりやすい。

だとか。

眠りの質がよくなるのは 盆の窪の周りを温めてやること。


肋骨の付け根を緩めてやると万病にいい。


鼻づまりにいいのは、頚椎の3番に問題があると思われる。

なので 頚椎の3番の周りをゆるめてやると 鼻づまりが解消される。


骨の歪みが個性を作る。

骨の歪みはその人を作るから歪んでいても

気にしなくてもいい。

歪むより 固い方が問題。

体重の掛け方とか 本当に微妙なことで

体が変わってくるので、そんな些細なことを積み上げること。などなど

とても わかりやすく 簡単に教えていただきました。



先生に直接触っていただいたりして

自分の体のことを たくさん 知ることができたような気がします。


病気の予防のために こうであるといいポイントは、

頭の緊張がないこと

肩甲骨がよく動くこと。らしく

そのための運動なども詳しく伝えていただきました。


参加の方たち皆さん 楽しまれたようです。


次回の深田さんの体の話は来年の12月の予定です。

先生曰く…

「かじまやたいむが12月の風物詩になればいいよな」とのこと。

楽しみにしていてください。


0コメント

  • 1000 / 1000